観光情報

五大堂

『秘仏五大明王像が眠る』

松島を象徴する代表的な建物。(国重要文化財)
大同2年(807年)坂上田村麻呂が東征の折に創建し、後に慈覚大師円仁が五大明王像を安置したことから五大堂と呼ばれる。
現在の建物は伊達政宗公が再建したもので、東北地方最古の桃山建築である。
五大堂に渡る透かし橋は通称「縁結び橋」と呼ばれており、「合縁」を結ぶと言われている。
また、三十三年に一度だけ扉が開かれ内部を拝観できる。(次回の開帳は2039年の予定)

◆拝観料/無料
◆交通アクセス/JR松島海岸駅より徒歩7分

アクセス

住所 〒 宮城県松島町松島
電話番号 瑞巌寺 022-354-2023
営業時間 8:00〜日没
休業日
URL http://www.zuiganji.or.jp/keidai/godaidou.html

近所の「オススメ」情報

宮城県南 宮城県北 福島 三陸 山形 岩手 仙台
むすび丸コーナー
むすび丸を使うには
宮城まるごと探訪
観光PR映像
みやぎ観光NAVi!!
仙台まるごとパス
みやぎの女子旅Instagramコンテスト

リンクのご案内

  • 関連おすすめサイト
  • JR東日本旅客鉄道株式会社
  • 宮城のプロスポーツサイト
  • 観光関連情報