観光情報

まつしま花あるき 軒端の梅・比翼塚・三聖堂

『悲恋の物語 小太郎・紅蓮尼の話』
昔、三聖堂の近くに蜂谷掃部という神仏に厚い長者がおりました。
掃部夫婦は子宝に恵まれなかったため、お堂の観音さまに祈っていたところ一子もうけることができました。
小太郎と名付けられたこの子は、賢く容姿が美しかったので、観音さまの申し子だと評判でした。ある年小太郎はお堂の近くに2本の梅を植えました。(「軒端の梅」と呼ばれ毎年綺麗な花を咲かせます。)
小太郎が15歳の春、父・掃部は四国三十三観音巡礼の旅に出ます。その道中で出羽象潟(秋田県にかほ市)の商人と知己の仲となり、別れを惜しんだ2人は、商人の娘と小太郎の結婚の契りを交わします。しかし、掃部が旅を終えて松島へ戻ると、小太郎は病がもとですでし亡くなっていました。
これを知る由もない象潟では、約束どおり娘を松島へ嫁がせてきました。娘を哀れんだ掃部は象潟へ帰るように勧めますが、娘は「一度嫁いだ身なのだから」と、嫁として松島に残って父母に尽くし、父母亡き後は名を紅蓮と改め、一度も会うことのなかった夫・小太郎の供養に生涯を捧げます。
ある春の日、紅蓮尼はあまりに美しい軒端の梅の花ざかりを見て、生前会えなかった小太郎への思慕から
 『植えおきし花の主ははかなきに軒端の梅は咲かずともあれ』
と悲しみの歌を詠むと、翌年にはこの梅は咲きませんでした。これを悲しんだ紅蓮尼は
 『咲けかしな今は主とながむべし軒端の梅のあらんかぎりは』
と詠むと、それから毎年のように美しく花開き芳ばしい香りを漂わせたそうです。
「紅蓮せんべい」は、お堂に参拝した人々がお供えした米を紅蓮尼が粉にして焼いたのが始まりといわれており、680年の伝統があります。現在も46代目が一子相伝の伝統を守り、松島の名物となっています。
軒端の梅の先にある比翼塚は、「小太郎と紅蓮尼がせめて一緒に」という町民の願いから建てられたもので、毎年8月6日には小太郎・紅蓮尼の供養祭が行われます。(写真は比翼塚と軒端の梅)
◆交通アクセス/JR仙石線松島海岸駅より徒歩約7分
◆見学料/無料
◆駐車場/無し
◆見頃/3月下旬
◆動画はこちらから!
http://www.youtube.com/watch?v=TSRvY4AZnF8

アクセス

住所 〒981-0213 宮城県松島町松島
電話番号
営業時間
休業日
URL http://www.youtube.com/watch?v=TSRvY4AZnF8

近所の「オススメ」情報

宮城県南 宮城県北 福島 三陸 山形 岩手 仙台
むすび丸コーナー
むすび丸を使うには
むすび丸伊達なおもてなし日記
観光PR映像
松島ワンダーランド
仙台・宮城 結び旅
伊達政宗公生誕450年記念 「伊達武将隊と行く! 仙台城跡日の出鑑賞モニターバスツアー」

リンクのご案内

  • 関連おすすめサイト
  • JR東日本旅客鉄道株式会社
  • 宮城のプロスポーツサイト
  • 観光関連情報