観光情報

高子二十境

江戸中期、熊坂家父子3代が、景観・漢詩・絵のコラボレーションから生み出した、日本でも稀な文化環境遺産です。
高子二十境は、この地に住んでいた熊坂覇陵(くまさかはりょう)が特に気に入った二十の場所に名を付け、漢詩(五言絶句)を詠んだことから始まります。
父子3代で詠んだ漢詩は60題となり、覇陵亡き後、息子の台州(たいしゅう)が父を慕いこの漢詩に谷文晁(後に偉大な日本画家となる人物)の挿絵を付けて「永慕編」と題し、江戸で出版しました。
これが現代の私たちまで継承されているのです。

アクセス

住所 〒 福島県伊達市
電話番号 伊達市教育委員会:024-577-3245
営業時間
休業日
URL

近所の「オススメ」情報

宮城県南 宮城県北 福島 三陸 山形 岩手 仙台
むすび丸コーナー
むすび丸を使うには
宮城まるごと探訪
観光PR映像
みやぎ観光NAVi!!
松島ワンダーランド

リンクのご案内

  • 関連おすすめサイト
  • JR東日本旅客鉄道株式会社
  • 宮城のプロスポーツサイト
  • 観光関連情報